神明宮写真
寿老神イラスト

夏越しの大祓

夏越しの大祓トップ画像

夏越の大祓(なごしのおおはらい)とは

 一年のちょうど半分が過ぎた六月三十日、これから迎える暑い夏を健やかに過ごせますように祈願して行う神事です。古く飛鳥時代の昔に、宮中祭祀として定められ、一年に二度、六月晦日と大晦日に大祓を行いました。今日では、全国の多くの神社で茅の輪をくぐってお参りする夏越の大祓が行われています。

菊花 
神明さまの夏越の大祓


 神明さまでは毎年、六月三十日に近い日曜日の正午から大祓・茅の輪くぐりの神事を行います。行徳の河口で採った芦で大きな茅の輪を作り、境内の〆柱に取り付けます。「水無月の・・・」という大祓の神歌を唱えながら宮司を先頭に大勢の宮総代たちが茅の輪をくぐります。

茅の輪のくぐり方

1. 先ず、手水舎

2. 先ず「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命延ぶといふなり」の神歌を唱え、
  茅の輪をくぐり、右に廻ります。

3. 次に「思ふことみなつきねとて麻の葉を 切りに切りても祓ひつるかな」の
  神歌を唱え、茅の輪をくぐり、左に廻ります。

4.  最後に「宮川の清き流れに禊せば 祈れることの叶はぬはなし」の神歌を唱え、
  茅の輪をくぐり、ご社殿に真っ直ぐに進んでお参りします。


人形(ひとがた)の祓い

菊花 人形(ひとがた)とは奉書を人の形に切ったもので、人形に祓いをする人の名を書き、息を吹きかけ身体をぬぐいます。祓いをした人形は、初穂料を添えて神社に納めます。人形の祓いを希望する方は社務所にて人形をお頒ちしています。人形を納めた方に大祓の神札を授与いたします。


 

▲ページトップに戻る
祭りの記憶
十二の御輿絵